官公需適格組合 青森市アメニティ事業協同組合:収集運搬のプロ集団 青森市のごみのことならおまかせください

お問い合わせ

TEL:017-734-6050

組合概要

ご挨拶

写真:理事長 西田文豪当組合は、昭和54年7月に事業系一般廃棄物(ごみ収集・運搬)許可業者制度が設けられたのを機に同55年1月、青森市において15社により任意団体「青森市廃棄物収集運搬処理業組合」として設立し、翌56年9月に中小企業等協同組合法の規定による法人として青森県知事から設立許可を受け、青森市からの受託事業である家庭系可燃ごみ収集運搬業務の共同受注を開始したのが始まりであります。平成2年11月に組合の名称を「青森市アメニティ事業協同組合」に改称し、今日に至っております。

当組合の共同受注業務の大半を占める「一般家庭系可燃ごみ収集運搬業務」の受託割合は、その後徐々に拡大し、不燃ごみ、資源ごみ、粗大ごみ等の収集運搬業務も受託するなど順調に業績を伸ばしてまいりました。

しかし、今日の環境問題として循環型社会の確立がこれからの大きな課題とされ、ゴミの減量化、リサイクル化等の諸施策が全国的に進められており、青森市においてもこのための様々な取組が進められ、結果として家庭系、事業系ともごみの排出量が年々減少の傾向にあり、ごみの収集運搬を業とする当組合を取り巻く環境は非常に厳しいものとなっております。このような厳しい状況を乗り切るため、より一層効率的な収集運搬体制を確立することが喫緊の課題であると考えております。そのためにも組合員一同さらに団結協力して研鑽を積み、より一層「社会に貢献・信頼される組合」を目指して頑張って参る所存でありますので、今後とも一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

組合の目的

組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的とする。

沿革

昭和55年1月26日 任意団体として「青森市廃棄物収集運搬処理業組合」設立

昭和56年9月16日 青森県知事から設立認可を受ける

昭和56年9月18日 法人設立登記

平成2年11月20日 青森県知事の認可を受け、組合名称を「青森市アメニティ事業協同組合」に改称

組織

  1. 役員   理事5名(うち、理事長1名、副理事長1名、員外理事1名)監事2名
  2. 事務局  常勤3名(うち、事務局長1名、職員2名)
  3. 会員数  16名
  4. 委員会等 2委員会(共同受注委員会・委託業務検討委員会)

■役員構成

理事長 西田 文豪 (株)青森廃棄物処理センター 代表取締役
副理事長 佐藤 修一 睦産業(株)代表取締役
理事 中村 宜勝 (株)ジェイエイエス 代表取締役社長
理事 風晴 周一 (株)青森中央清掃センター 代表取締役
員外理事 横内 逸雄 青森市アメニティ事業協同組合 事務局長
監事 川村 玄 東北クリーンサービス(株)代表取締役
監事 水口 道明 (有)青森タックエースシステム 代表取締役

(平成30年5月26日現在)

事業内容

  1. 組合員のためにする一般廃棄物処理業務の共同受注
  2. 組合員の取り扱う資材の共同購買
  3. 組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供
  4. 前各号の事業に付随する事業

受賞歴

  • 平成 5年 3月27日 青森公立大学設置協力の功績により青森市長から感謝状を受ける。
  • 平成 6年 5月16日 優良組合として青森県中小企業団体中央会会長表彰受賞。
  • 平成 9年 5月30日 青森市の環境行政協力への功績により青森市長表彰受賞。
  • 平成13年 5月24日 青森市の観光発展協力の功績により青森観光協会会長から感謝状を受ける。
  • 平成17年10月18日 優良組合として全国中小企業団体中央会会長表彰受賞。

アクセスマップ

<青森市アメニティ事業協同組合>
〒030-0802 青森市本町二丁目9-17 青森県中小企業会館1F
       TEL:017-734-6050 FAX:017-734-6057